Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長老の思い出に残る本

モンキーテンプル泣く子
Nepal , 2000

5年前より毎秋テーラワーダ仏教(上座仏教)のアルボムッレ・スマナサーラ長老
お招きして拙寺主催で講演会を開催しています。
(今年は10月21日に開催予定です)

ある年の講演会の休憩中に長老と控室で雑談していたとき

長老は、たくさんの書籍を出されていますが(すでに百冊以上)
特に思い入れがあった一冊のことを教えていただきました。

その本は、すでに絶版になっていますが
自殺といじめの仏教カウンセリング

自殺と「いじめ」の仏教カウンセリング (宝島社新書)自殺と「いじめ」の仏教カウンセリング (宝島社新書)
(2007/03/10)
アルボムッレ・スマナサーラ

商品詳細を見る

続きを読む

ブッダのことば「自己を責めるがよい 自己を省みるがよい」

ボダナート目玉寺院
Nepal , 2000

「自ら自己を責めるがよい 自ら自己を省みるがよい
 自ら守護し、念を保てば 比丘よ、お前は楽に住む」

  『ダンマパダ』379偈

今朝の朝刊は、大飯原発の再稼動の記事が一面でした。
拙寺では二紙購読していますが

地方紙の大分合同新聞は、「原発ゼロ」終了と書き
日本経済新聞は、「原発ゼロ」解消と表していました。

手元にある新明解国語辞典で「解消」を引くと
「今まで続いて来た望ましくない関係や状態を、無くす(結果になる)こと。」
と、あります。

日経新聞にすると、原発が稼動していない状態は好ましくなかったということが分かります。

さすが福島第一原発事故後の東京電力の記者会見で、東電の勝俣恒久会長を
勝俣会長様」と日経記者が呼んだだけのことはあります。

報道災害【原発編】事実を伝えないメディアの大罪 (幻冬舎新書)報道災害【原発編】事実を伝えないメディアの大罪 (幻冬舎新書)
(2011/07/28)
上杉 隆、烏賀陽弘道 他

商品詳細を見る


言葉の表現ひとつとってみても、色々な感情が含まれていることが分かります

続きを読む

当方見聞録(6/24~6/30)

今週 読んだり・観たり・聴いたりしたもの

治安維持法小史 (岩波現代文庫)治安維持法小史 (岩波現代文庫)
(2006/06/16)
奥平 康弘

商品詳細を見る


禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本
(2012/06/08)
枡野 俊明

商品詳細を見る


サンガジャパン Vol.9(2012Spring)サンガジャパン Vol.9(2012Spring)
(2012/03/22)
アルボムッレ・スマナサーラ(寄稿)、大澤真幸(寄稿) 他

商品詳細を見る


DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2012年 06月号 [雑誌]DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/05/19)
不明

商品詳細を見る


BRUTUS (ブルータス) 2012年 7/1号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2012年 7/1号 [雑誌]
(2012/06/15)
不明

商品詳細を見る


The music of Antonio Carlos Jobim The music of Antonio Carlos Jobim
(2007/11/21)
小野リサ

商品詳細を見る


LISA’S ONO BOSSA HULA NOVALISA’S ONO BOSSA HULA NOVA
(2001/07/11)
小野リサ

商品詳細を見る


「ポエトリー」


生きとし生けるものが幸せでありますように

談志と猿之助から伝統を考える

ラダック法要
India , 2004

2011年11月に立川談志が亡くなり、今年6月市川亀治郎が四代目市川猿之助を襲名し
先代猿之助は二代目市川猿翁となり、名実共に隠居しました。

相次いで、時代の革命児が表舞台から姿を消しました。

談志と落語協会を飛び出し、立川流を興し、家元におさまり、
猿之助は歌舞伎座を飛び出し、現代的な演出のスーパー歌舞伎をはじめました。

二人に共通するのは、革新的というよりは本質的な意識だと思います。

面白くなければ落語じゃない。
楽しくなければ歌舞伎じゃない。

逆説的ですが、
二人は伝統を存続させるため必要不可欠な存在だったのではないかと思います。


続きを読む

Q&A「なぜ通夜と葬儀ふたつお参りがあるの?」

カンボジア祈祷僧
Cambodia , 2005

人が亡くなると、まず夜に通夜が行われ、
翌日の昼間に葬式が行われる場合が多いですが、

なぜお別れの儀式を二回行う必要があるのでしょうか?

実は、もともと通夜と葬儀は意味が異なる行事です。

続きを読む

BGMとしての読経

ラダック寺院での読経
India , 2004

日頃、車のなかでしか音楽を聴かないので
お参りに向かう車内でCDをかけています。

眠気があるときなどは、眠気覚ましに激しい曲をかけたりします。
特に良く効くのが↓これです。スローな曲が一曲もないので、どんどん目が冴えてきます。

ユア・ニュー・フェイヴァリット・バンドユア・ニュー・フェイヴァリット・バンド
(2002/05/22)
ハイヴス

商品詳細を見る

聴いていると、心拍数が上がり、運転のスピードも上がってくるので
普段の運転では、あまり聴かないようにしていますが。

音を聴く刺激は、こころにも影響を与えます

続きを読む

外部記憶装置としての『経』

アンコールワット碑文
Cambodia , 2005

「経」(きょう)はsutta(パーリ語)sutra(サンスクリット語)の訳で「たて糸」の意味です。
(北極から南極をつなぐ仮想のたて線を「経線」というのも同義ですね)

その「たて糸」の意味から
「すじみち」「ことわり」へ意味が転じ、
物事のすじみちを記し、人々の規範となるものを表わすようになりました。

儒教や道教などでも、規範となる書物を「経」といいますが、
仏教では、ブッダ(お釈迦さま)の説かれた言葉を編纂したものが
「経」といわれます。

出家集団のルールを示した「律」や、
経の解釈をした「論」などは、ブッダの言葉でない部分も多いので
厳密に言うと「経」とは言えませんが

中国や日本では「経」「律」「論」の三蔵をまとめて「経」という場合があります。
(仏教の聖典を全てまとめて『大蔵経』や『一切経』と称しますが
「経」「律」「論」が全て含まれています。)

「経」がブッダの言葉だと言っても
ブッダが「経」を書いたわけではありません。


続きを読む

大切なのは姿勢と一瞬の集中力~長老の教え

綱渡りの少女
India , 2004

4月に開催した二泊三日の宿泊冥想会の最終日の解散前に
指導していただいたアルボムッレ・スマナサーラ長老と弟子のヤサ師を囲んで
茶話会を開きました。

そのときに、長老とは別にヤサ師に冥想のときの注意点を訊ねました。
寡黙なヤサ師は、
「ただ長老の指導通りにしてください」と答え、

さらに訊ねると
一番大切なのは姿勢です。姿勢が悪いとダメです。
 いろいろな指導者の方がいますが、スマナサーラ長老ほどきちんと
 正しい姿勢を指導してくださる方はいません。
 スリランカやミャンマーでも冥想しましたが、
 姿勢のいい修行者はほとんどいませんでした。
 ひとりすごく姿勢のいい人を見かけたら、
 東京でスマナサーラ長老の指導を受けた人でした」

まずは姿勢からです。

続きを読む

ブッダのことば「すべては心にしたがって」

金沢21世紀美術館屋外
Kanazawa , 2010

「もろもろの法は意(こころ)を先に 意を主に意より作られる
 もしも汚れた意をもって 語り、あるいは行えば
 それより苦がかれに従う 牛足跡の車輪のように」

 『ダンマパダ1偈』


大学で彫刻科に属していたので、いつも作品制作のアイデアを考えていることが多く
(実行力が伴わないのが玉にキズでしたが)
見るもの触れるもの何か作品に結びつかないかなと考えていました。

大学近くの印刷会社に夜勤のアルバイトに入っていたときは
印刷作業で出てくるヤレ紙をゲルハルト・リヒターの作品のようだと
いつも大量に持って帰ったり(結局何も活用せず捨ててしまいました)

街中でルイ・ヴィトンのバッグを持つ人のスナップ写真を大量に撮影したりと、
その当時の私は、世の中を現代アートの題材さがしのような視点で見ていたことは間違いありません。
今にして思えば、妄想爆発だったように思えます。

誰もが世界を自分の見たいようにしか見ていません



続きを読む

当方見聞録(6/17~6/23)

今週 読んだり・観たり・聴いたりしたもの

落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書)落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書)
(2008/11)
柳家 花緑

商品詳細を見る


論理力を強くする―考える力を磨くために (ブルーバックス)論理力を強くする―考える力を磨くために (ブルーバックス)
(2006/04/21)
小野田 博一

商品詳細を見る


書と文字は面白い (新潮文庫)書と文字は面白い (新潮文庫)
(1996/07)
石川 九楊

商品詳細を見る


フランクフルト・オペラ・コンサート 1975フランクフルト・オペラ・コンサート 1975
(1999/05/26)
バーデン・パウエル

商品詳細を見る


Lex HivesLex Hives
(2012/06/05)
Hives

商品詳細を見る


生きとし生けるものが幸せでありますように

Appendix

プロフィール

ハラジュンリョウ

Author:ハラジュンリョウ
大分市明西寺住職。
1972年生まれ。
武蔵野美術大学彫刻学科卒業。

当ブログの更新情報は
Twitterで送信しています。
アカウント「明西寺」
↓リンクは下方に

コメント欄を設けていませんので
メッセージ、お問合せ等はメールへ
junryo.h@gmail.com

※記事の内容に間違い等あった場合は
 コッソリ教えてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。