Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうける秘訣

サードゥ
India , 2000 

16年前に先代住職が倒れ、急遽住職を継ぐことになり、

講師をまねいた毎月の説法会も引き継いでやっていました。

(今は自分で説法していますが)


ある時、出講をお願いした老僧は、口は悪いが洒脱なひとで

話していると、偶然にも私の母方の祖父と京都の中学時代の同窓だったことが分かり

「なに、あいつの孫か!?」と、ぐっと親近感が増したのを覚えています。



そこで、気楽な気持ちで尋ねたのが


○○さん、どうやったら、寺はもうかりますかね?」


「おう、簡単じゃ。門徒(檀家)に持ってこさせればいい。」


「・・・じゃあ、どうやったら持ってこさせられますかね?」


そうしたら、一言



「欲しがらんことじゃ。」



「・・・・・・」




それ以来、欲しがらないように心がけていますが、不思議なことに欲しがらなければ

だいたい必要なものは手に入ってきます。


聖書には「求めよ、さらば与えられん。」とありますが

「与えよ、さらば与えられん。」という方が正解のような気がします。


与えられる人間でいたいものです。



写真はインドのサドゥー(行者)。 写真撮ったら、手を差し出して、「money」と。
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ハラジュンリョウ

Author:ハラジュンリョウ
大分市明西寺住職。
1972年生まれ。
武蔵野美術大学彫刻学科卒業。

当ブログの更新情報は
Twitterで送信しています。
アカウント「明西寺」
↓リンクは下方に

コメント欄を設けていませんので
メッセージ、お問合せ等はメールへ
junryo.h@gmail.com

※記事の内容に間違い等あった場合は
 コッソリ教えてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。