Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンブル必勝法

パチンコ屋
2012


ゴールデンウィーク中も、ほぼ毎日法事などでお参りに出ていましたが
車で走っていると、パチンコ屋はどこも大盛況のようでした。

私はギャンブルは一切しません。
したことはあります。パチンコを十代のときに一度して、それっきり。
500円か1000円使って、あっという間に玉がパチンコ台に吸い込まれていくのを見て
「こんなことなら本を一冊買った方が良かった」
と思う人間は、ギャンブルには向かないのでしょう。

また、高校生のとき、周りから『パチプロ』と言われていた同級生に
「今までトータルでどれだけ勝ってんの?」と尋ねたら
「使った金は軽自動車くらいは使ってて、収支はプラスマイナスゼロのトントン位かな」
と答えるのを聞いて
収支変わらずだったら、その掛けた時間分マイナスじゃん、
と思う人間もやはり、ギャンブルには向かないのでしょう。

私がギャンブルをやらない理由をひとことで言えば、
人生の時間とお金を奪われるからです。

レジャーとして楽しむならいいと思います。
ただし、決してギャンブルで儲けようなんか考えないことです。
ギャンブルで儲ける秘訣は一つしかありません。

それは
「ギャンブルを経営する側になる 」だけです。
なぜならば、ギャンブルに参加した時点で、胴元(主催者側)からピンハネされるからです。
いわゆる寺銭です。(この言葉から、むかし賭博に寺社が関わっていたのがわかりますね。)
胴元が最初に金を抜く控除率で、そのギャンブルの良心度がわかりますが
どんなギャンブルでも、最終的に参加者側が勝つようには、なっていません。

ちなみに一番控除率の高い割りの悪い公営ギャンブルは、というと
「宝くじ」です。
55%も抜かれます。(パチンコは10~15%、競馬は20~25%)
300円の宝くじを一枚買った時点で約170円抜かれます。
最初に儲けを取って、残りを賞金にあてるので、たとえ一等が5億円でも10億円だとしても
主催者側は必ず儲かるしくみです。(それがギャンブルです)
ただ、参加者が少ないと成り立たないので、せっせと宣伝するわけです。
ちなみに年末ジャンボ宝くじの一等当選率は約1000万分の1だとか。
たとえば、4万人収容されている東京ドームが250個あって、一等当選者はその内から一人!
と考えると、まあ無理でしょう。
もちろん買ってから抽選日まで、わくわくして待つのが楽しいというのまでは否定しませんが。
ただし、「宝くじは愚か者への第二の税金である」という言葉もあるというのをお忘れなく。


昨日(5/6)の新聞に
携帯電話のゲーム(ソーシャルゲーム)のアイテムを購入する
「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」が法に触れる
と消費者庁が近く通達、という記事が載りました。

モバゲー、グリーに代表される携帯ゲームは、ゲームというよりは、
パチスロなどギャンブルに近い(というよりもギャンブルそのもの)
とは以前から言われていたので、行政の対応は遅すぎた感が否めません。

これら、携帯ゲームの悪質なのは、無料というので、やり始めると、
途中からゲームを有利に進めるには必ず有料のアイテムを
購入しなければならなくなるような仕組みです。
しかも、現金で払うのと違って、画面内のボタンを押すだけなので、
小学生とかでも簡単に課金されていきます。
パチンコは18歳以上、馬券の購入は20歳以上からなので、
たとえ大損を出しても、自己責任を負うのは止むを得ない部分がありますが
TVCMをジャンジャン流して、無料をうたい、判断力のない子供もまで対象にして
儲けようというのは犯罪行為といっても過言ではないでしょう。

なかには数十万円請求された子供もいるのです。
その請求が分かったときの、
その家庭の驚き、怒り、絶望を想像してみてください。
子供は、ただゲームに熱中して進めていっただけなのに、自分ではどうにもならない問題になってしまい
親に怒られ、罵倒され、泣いて謝っても、請求金額は消えず。
死にたくなるような子供がいたっておかしくないでしょう。

ギャンブルによる借金苦で自殺した人の葬儀など、本当にやるせないです。

つい数週間前の日経新聞にも、グリーがスーパーコンピューターを扱えるエンジニアを雇い
ゲーム参加者のデータを解析して、ゲーム進行やイベントの設定を変更したら
格段に課金が増やせるようになったという記事が載っていました。

パチンコ屋のように巨大な店舗もパチンコ台も購入しなくてよく
アイテムというヴァーチャルなデータ(つまり原価がほとんどない)を高く売り、
しかも対象は年齢制限なく、といったら、それは儲かるでしょう。
無料ゲームをうたう会社が、なぜ何百億円も儲けていて
野球球団まで持っているかを考えてみてください。

ゲームにはまり、時間を奪われ
高額な請求で、お金を奪われ、
精神的なダメージまで考えると
携帯ゲーム会社は亡国の徒といってよい、と私は考えますが。

また、「君が代」斉唱を強要する東京都と大阪市の二首長は、
カジノ導入に積極的という点でも足並みを揃えているところをみると、
愛国者というわけではなさそうですね。
まあ、支配欲の強い人間が、自分の言うとおりに他人を動かしたい位が実情でしょうか。


パチンコでもしていないと暇がつぶれないと言う人もいますが
(東電からもらった補償金を全てパチンコですった人もいるそうですが)

人生につぶすような暇なんてないし、
どうせギャンブルするなら、この自分を磨いたり、学んだり、経験することによって
もしかしたら、少しは価値のあるものに化けるかもしれない人生のギャンブルの方に
私は掛けたいと思いますが。


写真は、近所の巨大なパチンコ屋の壁面
家族で来いって言われてもね・・・


生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
このブログを読んでくれたあなたが幸せでありますように
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ハラジュンリョウ

Author:ハラジュンリョウ
大分市明西寺住職。
1972年生まれ。
武蔵野美術大学彫刻学科卒業。

当ブログの更新情報は
Twitterで送信しています。
アカウント「明西寺」
↓リンクは下方に

コメント欄を設けていませんので
メッセージ、お問合せ等はメールへ
junryo.h@gmail.com

※記事の内容に間違い等あった場合は
 コッソリ教えてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。