Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q「なぜ7月のお盆と8月のお盆の地域があるの?」A「実はお盆は年に3回です」

亀の井別荘エントランス

お寺が一番忙しい時期は、やはり「お盆」でしょう。
お盆に門徒(檀家)の家々を廻っていると、道中で日頃見かけない
たくさんのお坊さんたちとすれ違います。

大分では、お盆は8月ですが、東京などでは7月のお盆です。
それに加えて、沖縄などの8月下旬頃の旧盆もあります。

なぜ同じお盆なのに3つもあるのでしょうか?

お盆はもともと旧暦の7月15日でした。
明治になって、太陽暦が採用されるまでは、全国どこでも同じ時期にお盆でした。

それが、暦が変わったことにより

旧暦の7月15日 (新暦の8月下旬頃、毎年、日はずれていく)いわゆる旧盆
   ↓
新暦の7月15日 と変わりましたが、今までより約一ヶ月半早くなることになり、
         ・梅雨明けもしていなく、(今までの)お盆と違和感がある
   ↓     ・農作業に支障が出る、などの理由により、

(一ヶ月足して)
新暦の8月15日 の盆が作られました。月遅れの盆


盆正月」というように、正月と半年後のお盆は、古来より先祖をまつる日でした。

農業社会では、常に農作業に追われ忙しく、まとまった休みは
正月とお盆の時期くらいしかありませんでした。
だから、先祖が還ってくるから、まつるというよりは、休みになったから、
日頃できない墓参りや先祖供養をしようというのが実情だと思われます。

つまり、実際に先祖が還ってくるのではなく
休みだから、還ってきてもらうことにしよう、という訳です。

そう考えると13日に迎え火を、16に送り火を焚くという習慣も、あまり真剣に考えるよりは、
お盆らしい雰囲気を出すための舞台装置とでも考えておく位がよいでしょう。

というのも、あまり真剣だと滑稽なことになります。
例えば、8月のお盆の地域から東京へ、引っ越したら
今年から(先祖が)還ってくるのが、一ヶ月早くなるらしい
 となったらおかしいでしょう?
特に8月15日の盆はただ一ヶ月加えただけという根拠のない日なので、なおのことです。

また、「お盆に地獄の釜が開いて、ご先祖様たちが還ってくるのよ」という
お盆のいわれをそのまま受け入れていいんですか?
たしか、お葬式の時は、「天国で見守っていてください」と言っていたのに‥‥‥‥。


でも、私はお盆はいい習慣だと思っています。
8月のお盆の時期は、会社も夏休みになり、家族で帰省できるめったにない機会です。
親族があいつどい、日頃の疎遠をわび、墓参りし亡き人を偲ぶということが
一年に一度でもあるというのは素晴らしいことです。

せっかくですから、ただ墓掃除をするだけでなく、
お盆の時期だけでも、
虫でも決して殺さない」とか
他人に親切にする」とか
自分の功徳にもなる行為をすれば、それこそご先祖も喜んでくれるいい供養になります。


先祖供養に関しては、下記の本で詳しく解説されています。

仏教の正しい先祖供養―功徳はなぜ廻向できるの? (サンガ新書)仏教の正しい先祖供養―功徳はなぜ廻向できるの? (サンガ新書)
(2008/10)
藤本 晃

商品詳細を見る




※お知らせ
上記のように、当明西寺もお盆が近づき、大変忙しくなります。
そこで「明西寺画報」もそれに合わせて
明日7/14から8月下旬まで、夏期特別編集ということで
「不定期更新」「記事のジャンルも不定」でお送りする予定です。


更新情報はツイッターで送信しますので、
ご希望の方はフォローしてください。
@info_myosaiji

みなさまもどうぞ暑い夏を乗り切ってくださいませ。

生きとし生けるものが幸せでありますように
このブログを読んでくれたあなたが幸せでありますように

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ハラジュンリョウ

Author:ハラジュンリョウ
大分市明西寺住職。
1972年生まれ。
武蔵野美術大学彫刻学科卒業。

当ブログの更新情報は
Twitterで送信しています。
アカウント「明西寺」
↓リンクは下方に

コメント欄を設けていませんので
メッセージ、お問合せ等はメールへ
junryo.h@gmail.com

※記事の内容に間違い等あった場合は
 コッソリ教えてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。