Entries

スポンサーサイト

世阿弥のことば~修行のはげみ

Indonesia , 2001「初心忘るべからず」とは能の大成者の世阿弥の『花鏡』の中のことばですが、「始めた頃の気持ちを忘れてはならない」「最初に思い立ったことは最後までやり通さなければならない」とか「最初の志を忘れてならない」という意味に勘違いされている場合が多いようです。本来の意味は・・・...

「坊主」ぼうじゅ~bonzeまで

india , 2005「お坊さん」の呼び名は当然「坊主」からですが、「坊」は「房」とも書いて 小さな区画に分けた、その一区画のことです。 (「独房」もそういう意味ですね)...

「賢者の買い物」~長老のお金の使い方

India , 1999テーラワーダ仏教(上座仏教)のアルボムッレ・スマナサーラ長老に毎秋、拙寺主催の講演会のために来県していただいています。講演会が終わり、長老の予定に余裕がある時は、観光にお連れすることもあります。以前ある観光地に立ち寄ったときのこと、...

ブッダのことば「自己より愛しいものはない」

India , 1999「心によってどこに行こうとも 自己より愛しいものを得ず このように自己は 他者にとっても愛しい それゆえ自己を愛するものは 他者を害するなかれ」  『相応部(サンユッタ・ニカーヤ)』 マッリカー経ブッダが、この偈を説かれたエピソードは、...

当方見聞録(5/20~5/26)

今週 読んだり・観たり・聴いたりしたものあきらめない  働くあなたに贈る真実のメッセージ (日経WOMANの本)(2011/11/28)村木 厚子商品詳細を見るプロジェクトFUKUSHIMA! 2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか (DOMMUNE BOOKS 5)(2011/11/26)磯部 涼商品詳細を見るTRANSIT(トランジット)16号  美しきドイツ (講談社 Mook(J))(2012/03/23)ユーフォリアファクトリー商品詳細を見る漢詩入門 (岩波ジュニア新書)(1998/06/2...

寓話の効用『ル・アーブルの靴磨き』

久しぶりに時間が空いたので、家人に告げずひとりでふらりと映画を観に行きました。『ル・アーブルの靴磨き』『アーティスト』二本立て続けに観て、映写室から出たら亀の井別荘の中谷健太郎さんにばったり。この中谷さん湯布院の名旅館のオーナーにして元東宝の助監督をしていた方で、”映画館の無い町の映画祭”として有名な「湯布院映画祭」を立ち上げた根っからの映画人です。中谷さんと『ル・アーブルの靴磨き』についてやりとり...

Q&A「名字の違う墓に納骨しても大丈夫?」

India , 2005納骨に関して、「結婚して姓が変わったので、実家の墓には納骨できないんでしょうか?」とか「独身だった姉が亡くなり、うちのお墓に入れてあげたいけれど駄目ですか?」などの質問を受けることがよくあります。『名字の違う者は親族であっても、一緒に納骨してはならない!』と思い込んでいる方が時々いますが結論から言えば「全く問題ありません!」...

モダン好きはモダン?

Istanbul, Turkey , 1995昨日(5/23)の日経新聞文化面で大正時代のモダンガールに憧れ、モダンガールのライフスタイルを追及している女性が紹介されていました。その30代の女性は、当時のファッションを再現するべく当時の服や帽子を骨董市で探し、なければ裁縫してつくり、日頃から、その格好に身を包んで街を歩いているそうです。さらに、外見を模倣するだけでは真の魅力に迫れない!と考えた彼女は、当時の生活様式も真似...

「佛」~ほとけと呼ばないで

India , 1999「佛」は、buddha(ブッダ)の漢訳ですがただ、音写しただけでなく、意訳もされていて古代中国の翻訳文化の高さに感心します。つくりの「弗」は「・・・でありながら、そうであらず」という意味があり、「沸」ですと、「水」+「弗」で、沸かすことによって、水が水でないもの(お湯)になるということを表わします。「佛」ですと、「人」+「弗」で、(お釈迦さまが)人として生まれながら、人を超えた存在(=ブッダ)に...

ボケる前にツッコむ~心のコントロール法

2012さる4/23~25に、上座仏教(テーラワーダ仏教)のスマナサーラ長老をお招きしてヴィパッサナー(観冥想)の宿泊実践会を開催しました。朝夕の読経のあと、長老より貴重な法話をたくさんいただきました。今日はその内の一つをご紹介します。...

ブッダのことば『慈経』

India , 2000お経と言うと、難しい漢字が並んでいて、さっぱり意味が分からないイメージですがもともとお釈迦さまが説かれた教え(つまりお経です)は、誰にでも分かりやすい言葉で語られています。今回は『Metta Suttam』 メッタ・スッタン(慈経)をご紹介します。...

おいしいもの~鈴木大拙のことば

India , 1999アメリカで、仏教=ZENというイメージが定着したのは仏教学者・鈴木大拙(1870-1966)の功績によるものが大きいでしょう。英語で禅を語るというよりも、「大拙の英語そのものが禅である」といわれるほどの語学力で禅や大乗仏教を海外に紹介していきました。『ライフ』誌によると、1960年末のアメリカの世論調査で「世界に現存する最大の哲学者は?」との問いに対してアメリカ人の圧倒的多数が「ドクター・ダイセツ...

なに見てる?

Budapest , Hungary , 1995美大の試験の変わっているのが英語とか地理などの場合は自分の中に答えが無いと答えられませんが例えばデッサンの場合、そこに答えがあるんですね。そこに置いてあるモチーフを時間内にそのまま描ければ、誰でも満点です。でも誰もそのまま描けないんです。もちろん、3次元のモノを2次元に表わすわけですから、そういう意味でもそのままには描けませんが。...

ギャンブル必勝法

2012ゴールデンウィーク中も、ほぼ毎日法事などでお参りに出ていましたが車で走っていると、パチンコ屋はどこも大盛況のようでした。私はギャンブルは一切しません。したことはあります。パチンコを十代のときに一度して、それっきり。500円か1000円使って、あっという間に玉がパチンコ台に吸い込まれていくのを見て「こんなことなら本を一冊買った方が良かった」と思う人間は、ギャンブルには向かないのでしょう。また、高校生の...

嘘つきは二度嘘をつく

Nepal , 2000住職として十数年寺にいますが、まあ色々な人間がやってきます。営業、物売り、反社会団体、新宗教関係者までさまざまです。中には詐欺師まがいの人間もいて、そういう人物は嘘を繰り返します。嘘をつくので、それを指摘すると「私は嘘をついていません」ともう一度嘘をつく。だって、嘘つきだから。...

負けるが勝ち

2012大相撲の地方巡業のときに、余興でチビッ子達と関取の取組みが見られることがあります。横綱と幼稚園児が見合って、ハッケヨイ!となった時横綱は・・・...

Appendix

プロフィール

ハラジュンリョウ

Author:ハラジュンリョウ
大分市明西寺住職。
1972年生まれ。
武蔵野美術大学彫刻学科卒業。

当ブログの更新情報は
Twitterで送信しています。
アカウント「明西寺」
↓リンクは下方に

コメント欄を設けていませんので
メッセージ、お問合せ等はメールへ
junryo.h@gmail.com

※記事の内容に間違い等あった場合は
 コッソリ教えてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。